CL72



64年前期型CL72をベースに排気量を305へ変更。
車体廻りは、走って楽しむオーナーのご希望に合わせて以下のように変更しました。

前後アルミリム、タイヤの選択肢を増やす為にリアを18inch化。
フロントフォーク、前後ドラムは後期型の物へ変更。
リアサスペンションをIKONに変更する為スイングアームも後期型へ。
ハンドルもノーマルに近い形状ながら若干幅の狭い物へ。
前後アルミフェンダーやチェーンケースなどは初期型のままで組んでいます。
また、スプロケをF15T、R34Tに変更し高速ツーリングにも対応しています
















Copyright (c) 2008 Ted's Special all rights reserved.